ようこそ!

勝利にはリスクがつきもの

書くことが大好きな彼にとって、このブログは彼の関心事と経験を凝縮させたものです。

最新の投稿

1900年代初頭のポーカーと堕落した大衆文化という汚名

様々な統計によれば、ポーカーは世界で最もプレイされているゲームです。皆さんがポーカーのファン、あるいはたまにしかギャンブルを楽しまれない人であっても、この楽しい娯楽ゲームの悪い評判を聞いたことはないでしょう。一部の科学関連の雑誌には、いまだにギャンブル依存の危険性を警告し続けているものもありますが、今では独特の刺激が楽しめるこのカードゲームをプレイすることに眉をひそめる人は少ないでしょう。

しかし、いつの時代もそうだったわけではなく、ポーカーはゲームとしても習慣としても、社会のあらゆる層の人々からの長くうんざりする批判に耐えてきました。特に酷かったのは、20世紀初頭のアメリカで、ポーカーがいわゆる「堕落した大衆文化」という汚名を着せられたことでしょう。今回はその経緯をご紹介しましょう。 

急激な人気 

ポーカーは何世紀も前から存在しているゲームであり、その歴史は1000年も前に遡るとも言われています。しかし、実際にポーカーが大人気となったのは100年ほど前のことです。当時ポーカーは、バーやレストラン、ホテルなど、人が集まる場所でプレイされていました。そして今と同じように、ポーカーファンやプロのプレイヤーといった様々な人たちが楽しんでいました。しかし、この状況を見た社会的に影響力をもつ多くの団体が、ポーカーが社会に与える悪影響を懸念しておかしな反応を示しました。

漫画、カレンダーと絵画 

ポーカーとそれに付随する様々なものに対する反対運動を行っている人の存在が明らかになったこともありました。「ポーカーをする犬」というタイトルで知られるカシアス・マーセラス・クーリッジの絵が新聞に掲載されたのです。絵の解説には、ポーカーが世界に及ぼす悪影響に対する嫌悪感に満ちた分析がされており、ポーカーは社会にとって罪深いものだと書かれていました。その直後には、この絵のコピーとゲーム禁止を訴える言葉が書かれたカレンダーが出回りました。 

ハリウッドの影響  

まもなく、当時最も影響力の大きかった無声映画の中にも、このポーカー反対運動を助長したものがありました。『ジョン・バニーのポーカー中毒治療A Cure For Pokeritis)』という12分の無声映画は、ポーカーをプレイする人を、酒飲みで怠惰なアナーキストであり、筋金入りの中毒者として描きました。その後、20世紀前半に活躍した人気ミュージシャンたちも、ポーカーに対して同様のメッセージを込めた歌詞の歌を発表しました。 

ポーカーの勝利 

このようなポーカー反対運動は何度もメディアに取り上げられ、何百万ドルもの資金が投入されましたが、ポーカーは依然として娯楽の王者としての地位を維持しました。ポーカーは今ではアメリカだけでなく、世界で最も人気の高い娯楽ゲームとなっています。ポーカーに伴うリスクを知らない人はいませんが、それでもポーカーが禁止される理由になることはありません。衝動を抑えることができれば、人は自分の自由時間を好きなように過ごす権利をもっているのです。

Back to top